BAILE|

フラメンコとバレエとダンスの掲示板

徳永兄弟

20140705a
2014年7月3日、高円寺にあるタブラオ エスペランサにて、フラメンコギターデュオの徳永兄弟にあった。楽屋に現れた二人は、新潟県出身。中学校を卒業するとすぐにスペインへ渡り、セビージャにあるクリスティーナ へレン フラメンコ音楽学院に入学、全課程を修了している。



兄の健太郎さん(写真左)は、2009年の日本フラメンコ協会新人公演において奨励賞を受賞。2010年、セビージャで開かれた「若手フラメンココンクール」では準優勝。同年12月には、ロぺ デ ベガ劇場にて「Ⅵ Gala Flamenca」へ出演し、ヘラルド ヌニェスより「今最も期待されるギタリスト」として表彰されている。

弟の康次郎さん(写真右)は、2010年の日本フラメンコ協会新人公演で奨励賞を受賞。2012年、「ペーニャフラメンコ若手コンクール」において準優勝の経歴を持つ。二人は日本だけではなく、本場スペインでも実力を認められた、実力派の兄弟デュオだ。

彼らの奏でる旋律は、どこかスペインに流れるさわやかな風を感じさせる。兄弟だからこその、息の合ったユニゾンも美しい。兄の健太郎さんは目に勢いがあり、カホンを相手にリズム遊びを楽しむ。弟の康次郎さんは少し控えめな感じで、本番前の指ならしに余念がない。

アルマ フラメンカと一緒に全国ツアーを回っている彼らに「いろいろと鍛えらるね」と問いかけると、「はい、とくに肝臓が…」と苦笑いをしていた。

関連記事
51CGGB176GL

マッツ エック「眠れる森の美女」

スウェーデンを代表する振付家マッツ エック。古典バレエを独自に解釈した斬新的な作品を数多く残し、30年以上にわたってモダンバレエの先駆者として活躍をしてきました。 マッツ エック版に登場するオーロラは、反抗期真っ只中。「 […]