BAILE|

フラメンコとバレエとダンスの掲示板

フラメンコ ギターリスト カニサレス、独占インタビュー

2013年11月29日、世界を舞台に活躍するフラメンコ ギターリスト カニサレスさんを迎えての独占インタビューの撮影に行ってきました。

フアン マヌエル カニサレス(Juan Manuel Canizares)さんは、パコ デ ルシアほか数多くの著名アーティストと共演。2011年にはベルリン フィルハーモニー管弦楽団に招かれ「アランフェス協奏曲」を演奏するなど、フラメンコの枠を超えた幅広い音楽活動に取り組んでいます。また、パコ デ ルシアに依頼された話題作「イベリア組曲」をはじめ、編曲家としても高い評価を集める注目のギターリストです。

今回のインタビューは、渋谷にあるプランクトンさんのスタジオにて撮影しました。多彩な音楽活動を繰り広げるカニサレスさんが、フラメンコ ギターリストとして大切にしているこだわりとは何か、長い年月をかけて挑むライフ ワークとは、これまでに影響を受けたアーティスト、フラメンコの魅力、そして、本番を目前に控えた自身のカルテットの魅力について語ります。

通訳は、カニサレスさんの奥様であり、マネージャーの小倉真理子さん。聞き手はファルーカ編集部の恒川さんです。

このインタビューは、フラメンコ専門のコミュニティ誌ファルーカさんとの共同企画。インタビューの内容につきましては、ファルーカさんのブログにも掲載されますので、こちらの方もあわせてご覧下さい。

コミュニティ誌ファルーカ『フアン・マヌエル・カニサレス氏 来日インタビュー

カニサレス フラメンコ カルテットの日本公演は、12月18日(水)と19日(木)に、新宿文化センターにて開催されます。

関連記事

マッツ エック「眠れる森の美女」

スウェーデンを代表する振付家マッツ エック。古典バレエを独自に解釈した斬新的な作品を数多く残し、30年以上にわたってモダンバレエの先駆者として活躍をしてきました。 マッツ エック版に登場するオーロラは、反抗期真っ只中。「 […]