BAILE|

フラメンコとバレエとダンスの掲示板

日本初 大規模フラメンコ フラッシュモブ開催

marunouchi
9月29日、日曜の午後1時、東京オフィス街のど真ん中、丸の内の一角に突如 100 名ものフラメンコ ダンサーが出現 した。平日のオフィス街から、日曜日には東京のトレンディスポットへと変貌する丸ビルの1階、マルキューブ。ここは、吹 き抜けになった広場で、周囲はショッピングモールに囲まれ、一角にはカフェもあって、行きかう人々の憩いの場とも なっている場所だ。

そこに突然フラメンコ ダンサーたちがあらわれ、踊り出したのである。いったいなにが起ったのかと、買い物客や通 行人で周囲には、すぐに人垣ができた。足早に歩いていた通行人たちが足を止め、2階3階の買い物客たちは、フェン スから身を乗り出して、さっそうと踊るダンサーたちを見つめている。中には、踊りに合わせてパルマ(手拍子)を叩く 人や、時にはオレ!と掛け声もとびかって、しばしその場は、さながらスペインのフィエスタ(祭り)と化したのだった。
ところで、フラッシュモブという言葉をご存じだろうか?フラッシュモブとは、ネット上でのある呼びかに不特定多数 の人が反応し集まって、街中で突然行われるパフォーマンスのこと。プロポーズ系やダンス系、音楽系など、ネット上で はこのところ、なにかと話題を集めている。

この日行われたのは、10月12日(土)から14日(月 祝)にかけて開催される「フラメンコ フェスティバル in Tokyo」のプ レ イベント。日本で初めてのフラメンコ フラッシュモブが行われたのである。

「カジェ フラメンコ」(道端のフラメンコ)という言葉が元々あることからもわかるように、本来フラメンコは、フラッシ ュモブ的な楽しみ方に適していると言えるかもしれない。現在のフラメンコは、多様な発展を遂げ、劇場芸術としても 素晴らしい進化を続けているが、フラメンコはそもそも、劇場にではなく、人々の生活の中や街の中に存在するもの だったからだ。だから、というわけでもないだろうが、この日たまたま居合わせた、フラッシュモブにもフラメンコにも 馴れていないであろう観客たちも、このサプライズなパフォーマンスに、最初は驚き、ただ凝視していたが、踊りが進 むにつれて次第に表情が柔いで、やがて一緒に体をゆすって楽しんでいた。パッショネイトなフラメンコには、どうや ら楽しさの波及効果があるらしい。

この日踊られたのは、まず、小島章司フラメンコ舞踊団団員10数名による「タンゴ」。日本のトップクラスの実力を誇る ダンサーたちのキレのある動きに、観客たちの眼は釘付けとなった。これに続いて、全国から集まった一般参加のダン サーたち約80名が加わって、フラメンコを踊る人なら誰もが知っているスタンダードナンバー「セビジャーナス」が踊 られた。一般参加者の多くはフラメンコ教室に通う生徒たちだが、皆なかなかの芸達者で、表情豊かにフラメンコの魅 力と踊る楽しさを伝えていた。

わずか10分余りのパフォーマンスだったが、会場には温かな空気がながれ、最後は大きな拍手につつまれて、踊り終 わったダンサーたちは、街のどこかへと消えて行った。

丸の内という場所柄もあり、またフラッシュモブはサプライズ感が大事なこともあって、時間や場所など詳しい開催 情報は事前には公開されなかった。たまたま居合わせた観客はかなり貴重な体験をしたラッキーな人たちと言って いいだろう。

さて、10月に行われる「フラメンコ フェスティバル in Tokyo」では、本場スペインのトップダンサーたちが続々と来日 する。

フラメンコ界のニンジンスキーと言われ鬼才イスラエル ガルバン、 斬新なアイデアと驚異の身体能力で魅了するロシオ モリーナ、 1990年代からフラメンコの新
しい潮流を作ったベレン マジャ 闘牛士を父に持ち、究極の男性美を体現するマヌエル リニャン。

フラメンコの伝統をしっかりと身に宿しながらも、これまでのフラメンコの枠には収まらない、現代フラメンコの最先端 を疾走するアーティストたちだ。彼らがいったいどんな舞台を見せてくれるのか、期待がつのる。きっと、フラメンコに 対する旧来のイメージでははかり切れない驚きと感動があるはず。すべてのダンスファンに見ていただきたいライン ナップだ。


文: 西脇美絵子(フラメンコ シティオ主幹)

関連記事

マッツ エック「眠れる森の美女」

スウェーデンを代表する振付家マッツ エック。古典バレエを独自に解釈した斬新的な作品を数多く残し、30年以上にわたってモダンバレエの先駆者として活躍をしてきました。 マッツ エック版に登場するオーロラは、反抗期真っ只中。「 […]